働くママを楽しもう!

会社員で小6男子と4歳男子の母さんです。ライフオーガナイズを学び、モノ、時間、お金、気持ちをすっきり整え、楽しく暮らせるよう日々の工夫などを書いています。少しでもお役に立てれば嬉しいです。

75

ダブルベットを手放して、快眠を手に入れた話。

こんにちは、ユリです。

先日、小6男子の部屋を作った話を書きました。

今日はそのステップの一つ、
ダブルベッド(厳密にはセミダブル)を手放した話を書きたいと思います。

いつから使っているベッドか?
2006年に買ったので、かれこれ15年目。
買ってすぐではありませんが、正直まだまだ全然使えます。
寝心地もいいし。
手放すにはまだもったいない?うん、もったいない。

どうして手放したの?
家族の寝室しかない我が家、
シングルベッドとダブルベッドを使っていました。

子供のためのプライベートスペースを作るにあたり、
家中のお引越し案もあれこれ考えました。
結果、やっぱり寝室を子供部屋にするのがベストとなり、
そうすると正直、やっぱり邪魔ということに。

どうやって手放したのか?
車で運べるサイズではないので、
リサイクル屋さんの回収を色々探しましたが、
あまり良さそうな業者さんが見当たらず。
それだけで時間ばかり過ぎてしまうのも仕方ないので、
粗大ゴミ回収に出すことに。

ダブルベッドがなくなって、どう?
すーっっきり。
手放して後悔するかなって、心配していたのですが、
全然。
むしろ、スペースができて、よかったです!!

そして気付いたこと。
ここ数年、次男と私がダブルベッドで蹴られ蹴り返して、
夜な夜なバトルを繰り広げ私は何度か起こされていたのですが、
1人が1つの布団スペースに寝るようになり、
朝までゆっくり寝られるようになりました!!!
寝る場所がちゃんとあるって、こんなにも快適なんだ!!

↑言葉にすると普通すぎて、何言ってんの?てことかもですが、
私にとっては、長男→次男との添い寝が10年以上続き、
それか普通になっていたので、この感覚、忘れてました。

お母さんの1人寝スペース、
大事だわぁ。

スペースをとるか、モノをとるか。
あくまでも我が家の出来事ですが、、、
モノを手放し、スペースを取りました。
良い決断でした。

必要なスペースのために大きなモノを手放したというお話しでした。