働くママを楽しもう!

小5男子と4歳男子の母さんです。そして新米ライフオーガナイザーで、会社員です。時間、モノ、お金、気持ちをすっきり整え、楽しく暮らせるよう日々の工夫しています。私の記事が、お役に立てれば何よりです。

75

白いモノブーム到来の背景には。

会社員ライフオーガナイザーのユリです。
↑名乗りをアレンジ中。
なんかしっくりこないなぁ。

まぁ、いいや。
10年以上前に、シンプルライフという考え方を知り、
モノとの付き合い方を考えるようになりました。
そして色が氾濫していると脳が疲れる、という話にとても納得しました。

色から感じるノイズを減らしてみましょう。
ということで、一時期、モノ、特に文具や日用雑貨など毎日目に触れるようなものを選ぶときは、
選択肢があるなら白!
や、絶対、白!
真っ白がないなら買わない!って時がありました。

その後、少し緩くなって、というか自然派志向の流れで
真っ白というかホワイトベージュ、キナリぽい感じの色がマイブームでしたが、

ここ数年は、その時々で色や模様を選んでいました。
これとか。
今年の5月、まだ自分がこのあとライフオーガナイザーになるなんて、
知らなかった頃です。

が。
ここに来て気づいたらまた白を集めていました。

ここ何か月かで買った毎日使うモノたち、気持ちのいい白さです。
2020年のCITTA手帳、4色フリクションサーモスのコーヒー用マグ。

おそらく、音や匂いもですが、こういう感覚的なことって
全然気にならない人から、とても気になっちゃう人がいるのかなって思います。

きっと、真っ白だと殺風景で全然元気が出なくて、
カラフルなものから元気をもらう人もいると思います。

私は、そこそこ色疲れしちゃうタイプ。
でも同じ私でも結構、振れ幅があったりして。

いま、新しく学んだこととこれまでの経験を融合させて、
これからを生きるか。
めちゃくちゃ悩んでいます。
まぁ、そうは言ってもポジティブに悩んでます!!
そんな気持ちの今だから、落ち着いて考えられるよう、真っ白が心地よい、
という背景があるのかな。
と思いました。
やっぱり自分って、わかってるようでわかんないなぁ。
と思ったのでした。