働くママを楽しもう!

会社員で小6男子と5歳男子の母さんです。ライフオーガナイズを学び、モノ、時間、お金、気持ちをすっきり整え、楽しく暮らせるよう日々の工夫などを書いています。少しでもお役に立てれば嬉しいです。

75

年賀状をほぼやめた話。

こんにちは、ユリです。

あっという間に12月も下旬。
学生の頃は好きで書いていた年賀状も、
働き出して書く枚数も増え、かなりの負担になっていました。

で、昨年末、色々考えた末、年賀状は、ほぼやめました。


思い返すと社会人一年目、
友達や親戚にプラスしてお世話になった会社の人、
多分計100枚くらい必死に書きました。
翌年以降、あまり絡みのない方はジリジリと減らし、
また社内結婚のため夫と共通の知り合いも多かったので多少は負担も減りましたが、
異動などもあり新たに送る人もいて、
とにかく負担増。
作るのも、書くのも、大忙し。
とはいえ結婚、妊娠、引っ越しなどの報告がてら、
書くのが当たり前と疑わず10年以上を過ごしました。

でも。
二度目の育休中に年賀状に対する考え方を変え、
2017年、かなり絞りました。
さらに仕事復帰して最初の2018年は上司一人だけに出すという荒技に。

考え方とは、
友達、親戚
→よく会う友人や親戚にはあった時に新年の挨拶する
→部署や同じオフィスの人も新年あったときに挨拶する
なかなか会えない人
→年賀状じゃない手段で連絡を取る
(ライン、フェイスブック、メールなど手段は様々)

友達には年賀状やめた話をし、
なかなか会えてない人にはそれをきっかけに会う約束をし。

当面はこんな感じでいこうと思います。