働くママを楽しもう!

会社員で小6男子と5歳男子の母さんです。ライフオーガナイズを学び、モノ、時間、お金、気持ちをすっきり整え、楽しく暮らせるよう日々の工夫などを書いています。少しでもお役に立てれば嬉しいです。

75

6月を振り返ってみます。

こんにちは、ユリです。
今日から7月になりましたね。

今日は初の試みとして、
私の6月を振り返ってみようと思います。

家と家族のこと。
長かったおこもり生活がおわり、
長男の小学校は段階的にスタートし、
保育園も1日から再開しました。
2人ともお友達や先生との時間が復活し、
親としてはホッとしています。
夫と私は引き続き原則在宅勤務が続くことになったので、
長男の部屋兼夫の仕事部屋用にデスクを買いました。

6月の間は、平日のお昼ご飯を3人で食べ、
週末のお出かけは必要最低限という暮らしをつづけていました。

会社のこと。
私は都内のオフィスで働くサラリーマンです。
普通に会社に通っていた頃から、いろんなモヤモヤを感じていました。

それが、家で仕事を進めることになり、ますますもやもや。
それでも3〜5月は、先が見えない中必死に仕事をしていました。
6月、世の中の状況が変わったのに私はといえば出社したのは2回だけ。
3月から数えても出社回数は片手に収まるくらい。

職場の人と会えず、社内や取引先との打ち合わせもリモートで、
自分の担当業務をひたすらこなす毎日。
取引先や工場などに出向くこともなく、
いろんなことが着々と進んでいるという事実。
はぁ〜〜働くって?会社員って?
色々考えてしまう毎日です。

その他、自分のこと。
そんなモヤモヤもあり、昨年、ライフオーガナイザーになりました。

今年の年初の計画では、会社を辞めるつもりで
上期いっぱい会社の仕事をして、今日から有休消化のはずでしたが、
事態は一変。
3月から在宅勤務となり、
ひとまず会社員を続けること選びました。

そんななかでも、前進することはやめていません。
3〜4月は日々を回すのに精一杯でしたが、
5月に続き6月も新しい学びや出会いがありました。

しばらくは、健康第一で、
美味しいものを楽しく食べて、
流れに身を任せていこうと思う今日この頃です。

f:id:yuritokazoku:20200701200203j:plain

やらないことその④洗濯干し

こんにちは、ユリです。

やらないことシリーズ、今日は我が家の洗濯干し事情です。
やらないシリーズの始まりはこちら(↓)

以前は夫にお願いしていました。
結婚した頃は平日は残業か飲み会で忙しかったので、
休日まとめて洗濯をしどちらかが干していましたが
子供が生まれてから、毎日洗濯し、多分私が干していました。

育休が終わり私が働き出した頃の夫は、
深夜残業続きで家事育児を一緒にできる状態ではありませんでした。
でもですよ。
私だって小さい我が子と家のことと会社で日々いっぱいいっぱい、
何か少しでも夫に頼める家事はないかと考え、
洗濯干しをお願いしていたのです。

当時から夜干しの我が家。
朝はなにかと忙しいので洗濯は朝!にこだわらないのも
やらないことの1つかもしれません。
私と子供がお風呂に入り洗濯を回して、寝る。
その後に帰ってきた夫が干す。
今考えると、遅く帰った夫に家事を頼むなんて、
本当に日々ギリギリすごしてたんだな。と思います。

次男の育休中は長男と一緒に。
産休育休中は、朝に洗濯機を回して自分で干していましたが
2人目の育休中にふと思ったのです。
自分だけでやっちゃえば早いけれど
このタイミングで子供に教えれば、先々やってくれるのでは??
できる限り育休中は長男と一緒に干していました。

乾燥機付き洗濯機に買い替えました。
数年前に洗濯機が不調になり、念願の洗濯乾燥機に買い換えました。
しかしなんと!届けてくれた電気屋さんから
そのまま置くと排水ホースの向きと合わないから設置できない言われ、
急きょ大工さんに専用の台を作ってもらってから改めて設置。

乾燥機はゴワゴワしそうなイメージでしたが、
ふんわり仕上がるし、電気代もさほどかかりません。
ただTシャツなどは縮むので、大き目サイズを買うようになりました。
そもそも干さなくてよくなり格段に楽になりました。

以上、洗濯干しをしないお話でした。f:id:yuritokazoku:20200628210246p:plain

やらないことその③乳幼児期の習いごと

こんにちは、ユリです。

今日もやらないことを書こうと思います。

シリーズの始まりはこちら(↓)の記事ですです。

やらないこと、決めていますか? - 働くママを楽しもう!

 

小さい子の習いごと事情

長男が赤ちゃんの頃から知り合ったママさんたちの間で

習い事の話題は結構もりあがっていて、

ベビースイミングなどの親子教室に行っているお友達もいました。

また保育園の年少クラスになった頃からは、

実際に習い事に通い始めた子も多く、よく話題に上がっていました。

ピアノ、公文、スイミング、空手などなど。

色んな習い事情報を教えてくれるママもいました。

 

でも、私としては、平日、朝から夜まで保育園にいて、

土日は我が家のペースで家族でお出かけしたかったので

何かに縛られたくないという考えで、

習いごとはさせておらず、友達にもそれを伝えていました。

年下の子のママさんたちに「習い事、なにしてる?」と聞かれても

それを伝え、なるほど、

何かさせるのが当たり前と思っていたけど、そういう選択肢もあるね

という感じでした。

 

家族の時間を大切にしたかった

もちろん習い事を悪く思っているのではありません。

習ったことが身に付くし、楽しい時間を過ごせるし、お友達もできるし、

いいことがたくさんあります。

でも平日の夜はゆっくり過ごしたいし、

休日は、キャンプやスキーなどお出かけもしょっちゅう。

さらに習い事もとなると何かと忙しくなるなぁと思ったのです。

また長男自身もあれこれやりたいと言い出さなかったのが

結局のところ大きな理由の一つかもしれません。

 

長男が習いごとを始めたのは、年長の秋でした

スイミングに行き出したのが、年長の秋なので

厳密にいうと幼児でしたが、もう小学生目前。

周りを見渡す限り、習いごとスタートのタイミングとして

かなり遅かったと思います。

長男自身が珍しく、友達が入ったという話を聞いて、

行ってみたい、と言ったので体験に行き、入会しました。

 

今年、年中になった次男は

よく考えたら次男とは、

去年、自治体の運営する親子たいそう教室に行っていました。

でもそれは、子供の習いごとと言うより、私の運動不足解消のためで、

4歳までのクラスだったので、継続できず。

その後、年中になり次男もまだ特になにもしていません。

次男はなにをしたいと言い出すかな?楽しみです。

f:id:yuritokazoku:20200626135154p:image